アウトドア

OD缶とCB缶ってなに?どっちが良いのか調べてみた

キャンプにはまっていろいろと道具を見てると気になる単語がCB缶とかOD缶っていう言葉です。

どっちもガスボンベの名前なんですけど最初のうちはその違いとかどっちを使ったほうが良いんかよく分かりませんよね。

そんなわけでそれぞれの違いと初心者向きはどっちかを僕の個人的意見で紹介します。

OD缶の特徴

ODっていうのはアウトドアの事でOD缶はアウトドア缶になります。キャンプとか登山に興味があるんやったら一回ぐらいは見たことあるちょっと背の低くて丸いガス缶です。↓こういうやつ。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥561
(2018/12/12 15:27:07時点 Amazon調べ-詳細)

比較的コンパクトで寒さにも強いんで山登りとか冬キャンプをする人やガチ目のアウトドアをする時はOD缶の方が合ってます。

アウトドアでの利点が多い反面、販売価格がちょっと高いんであんまりにも使いすぎると財布へのダメージがデカイです。

CB缶の特徴

CBはカセットボンベの事でCB缶は一般家庭で使う卓上コンロのガスと同じ規格のボンベの事です。↓こんなやつ。

CB缶はスーパーやコンビニ、品質にこだわれへんかったら100均でも買えるお手軽さで当然値段も安いから財布にも優しいです。

他にもたまにしかキャンプをしなくて使い切ること無く余るときも家のカセットコンロに代用できます。ただし便利なことばっかりじゃなくてOD缶に比べると寒さに弱いっていう欠点もあります。

スポンサーリンク

初心者向きのガスはどっち?

これは圧倒的にCB缶です。使う状況とか考え方によっても違うと思いますけど僕がCB缶が初心者向きって考えるメリットは次のとおりです。

  1. ガスボンベがどこでも買える
  2. 使える機器が多い
  3. 販売価格が安い
  4. 余っても家庭で使える

逆にCB缶を使った場合のデメリットは

  1. パワー(火力)が足りない時がある
  2. アウトドアっぽさが弱い
  3. アウトドア用品では対応してるものが少ない

まとめ

OD缶とCB缶の違いと初心者にはどっちが向いてるかの紹介でした。

初心者やライトユーザーはCB缶の方が使い勝手や汎用性が高いんでおすすめです。逆に冬キャンプや冬登山とかのガチ目のアウトドアをする場合はOD缶の方がパワーが強いです。

でもCB缶にもハイパワーモデルや寒冷地モデルがあるんでそれを使えばパワー不足は補えます。

注意するべきなのはできるだけ燃料は統一した方が良いってことです。車が大きいなら良いですけどコンパクトカーなんかでは積める量も少なくなりますからね。

ファイヤースチールスカウト2.0
LIGHT MY FIREファイヤースチールスカウト2.0を購入キャンプやBBQでは炭に火をつける時、着火剤とライターがあったらいとも簡単に火がつけれてアウトドアを楽しめます。 でも慣れてきたら...
ブログランキング登録中!

人気ブログランキングに登録してます。読んだよ!の挨拶がてら応援お願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理者の承認後に表示されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください