アウトドア

ソロキャンプに大人気のピコグリル398をついに購入

ピコグリル398 組み立て後

芸人のヒロシさんがキャンプで使って人気になってる焚き火台のピコグリル398を購入しました。

正直いまさらこの大人気のグリルを買うのは抵抗があったんですけど、自分の目指すキャンプスタイルを考えるとどうしても必要な気がしたんで思い切って買いました。

まだ使ってないですけど簡単にピコグリル良さを説明します。

バックパックキャンプを目指して荷物を軽量化

ピコグリル398 パッケージまずびっくりしたのが配達されてきた梱包がめちゃめちゃ薄かったことです。予想してたよりも薄かったのが嬉しいです。

ちょっとこの写真ではわかりにくいんですけどサイズ的にはA4よりもちょっと大きい感じなんでリュックの背面とかに立てて入れるのにピッタリです。

ちなみにピコグリル398の重量はスピット2本を入れて442gなんでかなり軽いです。

ファミリーキャンプとかオートキャンプみたいに荷物の運搬に重さがあんまり関係ない時は別に良いんですけど、ソロとかバックパックに荷物を入れる場合には軽ければ軽いほど有利です。

暖を取るための焚き火と料理を両立できる焚き火台

ピコグリル398 スピット今回はピコグリルにスピット(焼串)が2本セットの物を買ったんで焚き火だけじゃなくて料理も出来ます。

ただいろんな人が触れてるんですけどスピットの位置が結構上にあって火から遠いから火力を出したいときに結構薪を一杯入れないと駄目みたいです。

少ない燃料で効率的に火力を出して料理がしたい場合はあまりピコグリルは向いてないですね。

ただよくある焚き火台よりも大きめの薪を入れられるんで薪にダイレクトにスキレットを置いたり大胆な料理をするにはピッタリです。

ファイアグリルアイキャッチ
キャンプデビューにオススメのBBQコンロ決定版!キャンプに行きまくったり日帰りのBBQも頻繁にやるぐらいBBQ好きな僕が、主にこれからキャンプデビューするファミリーにオススメのBBQコ...
スポンサーリンク

余計な物が無い焚き火特化のシンプル構造

ピコグリル398 内容物パッケージを空けて内容物を出したらこれだけです。本体フレーム、受け皿、スピット×2だけで広げて置くだけでセッティングが完了します。これ以上に簡単な焚き火台って中々無いです。

UCOのフラットパックとかは同じレベルでシンプルですけどアレは薪の追加がやりにくい構造ですからね。

ピコグリル398 組み立て後ピコグリルは横がこんな感じでがら空きなんで大きめの薪でもどんどん入れられます。

ピコグリル購入時の注意点

割といろんなサイトとかユーチューバーの動画で言われてますけど、公式サイト以外では定価より高額で転売されてるんで注意が必要です。

ちなみにピコグリルの日本の正規販売サイトはこちらのWANDERLUST EQUIPMENTです。

ピコグリル本体にスピット2本をセットにして13,100円(税込)で販売されてて、送料はメール便500円、宅急便800円のどちらかを選択出来ます。

僕はメール便とかで適当に扱われて壊れたら嫌やったんで念の為通常の宅急便で注文しました。注文してから3日ぐらいで到着しました。

まとめ

ソロキャンプやウルトラライトキャンプに最適な焚き火台ピコグリル398の紹介でした。

部品点数が少なくてシンプルな構造も焚き火の薪を追加しやすい構造も中々いけてます。

ちょっと嫌なんは最近ピコグリルは人気がうなぎのぼりで持ってる人が増えてきてるってことですね。

まあそうは言っても自分の目指すキャンプスタイルにピコグリルがぴったりなんで使うのは楽しみなんですけどね。

軽くてコンパクトで料理も焚き火もやりやすい焚き火台を探してるならピコグリルを検討してみればどうでしょう。

ピコグリルを初使用した時のキャンプレポはこちら
赤穂の丸山県民サンビーチでピコグリルと煮込みハンバーグキャンプ

ブログランキング登録中!

人気ブログランキングに登録してます。読んだよ!の挨拶がてら応援お願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理者の承認後に表示されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください