ランエボ

ランエボ9のタイヤにグッドイヤー レブスペックRS-02を装着!

ランエボタイヤ交換直後

今年で乗り出し11年目になる僕のランエボ9のタイヤ交換をしてきました。すでに何回タイヤ交換したかとか全然覚えてないけど毎回結構痛い出費です笑

いつもはイエローハットに行くんですけど今回はカーポートマルゼンが安いよって言われてたんで行って来ました。

予算は10万円!とりあえずは見積もりを貰いに行く

カーポートマルゼン レブスペックRS-02の見積書
まずは今週頭に見積もりとタイヤの注文に行きました。一般的なタイヤサイズじゃないんでどうせいきなり行っても在庫が無いのは分かりきってますからね。

そこで当初はマルゼンのサイトに載ってたZESTINOっていうメーカーのGREDGE (グレッジ) 07Rと言うタイヤを買うつもりで店員さんに聞いてみました。

このタイヤはどっちかって言うとスポーツ走行よりって事で街乗りメインならグッドイヤーのREVSPEC RS-02の方が良いですよっておすすめされました。

まあ正直最近はホンマに街乗りしかしないんでハイグリップタイヤは必要ないと思ってるところなんでそれでも良いかなと思って話を聞いてました。

レブスペックはヨコハマタイヤのSドライブと同じぐらいのポジションのタイヤらしいのでほんとにスポーツよりも街乗り重視って感じ。ランエボでちょっとヤンチャな走りをしたいならもうちょっとハイグリップタイヤが良いかもですね。

それで結局レブスペックのほうがグレッジよりちょっと安いんでRS-02に決めました。予算よりかなり安く済んだから劣化してたナットも一緒に注文して合計で8万ちょっとです。

タイヤのグレードをだいぶ落としたのはあるけどそれでも納得の安さでした。

作業当日 快適な待合所と妥当な作業時間

カーポートマルゼン 待合所にあったエンジン
そんなわけでタイヤ交換作業日の今日、行って来ました。店についたらお店に入る前にスタッフさんが声をかけてくれるのが僕みたいに目的が明確な人間にはありがたいです。

受付を済ませて二階の待合所に行ったらエンジンが展示してありました。車好きはこういうの見るとちょっとテンション上がりますよね。

カーポートマルゼン 待合所から見た店内
吹き抜けになってて一回から二階に届くレベルでアルミホイールが展示されてたりするんで、車のドレスアップが好きな人は店内を見て回るだけで楽しそうです。

ランエボタイヤ交換直後
作業時間は多分30~40分程度で終わったと思います。待合所にはピットを映したモニターもあるから自分の車を見れるんで安心です。

タイヤもキレイになったしナットもキレイなブルーになって気分が良いです。

スポンサーリンク

レブスペックRS-02の初期フィーリング

グッドイヤー レブスペック RS-02
作業が終わったお知らせは見積もりを出してくれた店員さんが来てくれました。そのまま車の所でちょっとだけ車の話をしてお店を出発。

まず最初に感じたのはハンドリングがめっちゃ軽いことです。感覚的にもともと履いてたスタッドレスタイヤと同じレベルにハンドルが軽い。これは今までのハイグリップタイヤではあり得なかったことです。

ハンドルが軽い=グリップしないってのはあるんですけど、まだ皮むきも終わってないタイヤのグリップは分かりません。ランエボのハンドルが重いよって人はこのぐらいのミドルクラスタイヤにしたら楽になるなって思います。

グリップの方も別にブレーキングで滑ることも無いし普通やと思います。昔某メーカーの同じ価格帯のタイヤ入れた時は家帰るまでにタイヤが滑って大笑いしたことがあります。それに比べれば全然グリップしてます。

まあ詳細なレビューは明日から鳥取にお出かけしてくるんで高速走行とか街乗りが十分出来るんでその後に書こうと思います。

おまけ

HKSパワーフィルター黄色
交換時期を遥かに過ぎたHKSのパワーフロー通称キノコのフィルターも交換することにしました。これはオートバックスで見つけて買ってきました。

HKSパワーフィルター新品と使用後
取り外したフィルターと新品を並べてみたら汚れ方が凄いのがよく分かります。在庫として置いてる店も見つけたし次からはもうちょっと短いサイクルで交換しようと思います。

ブログランキング登録中!

人気ブログランキングに登録してます。読んだよ!の挨拶がてら応援お願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理者の承認後に表示されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください